【SONY】wf-1000xm4のレビュー!iphoneユーザー視点で考察

Photo by Caley Vanular on Unsplash

2021年6月25日にSONYから発売されたワイヤレスイヤホン「wf-1000xm4」。

私はこれまでiphone用にSONYの「ノイズキャンセリング機能付き」ワイヤレスヘッドフォンwh-1000xm3を使用していました。

正直wh-1000xm3でもいいかな?!と思っていたのですが、夏場の暑い季節に外で使うとむれるのが嫌になったので今回ワイヤレスイヤホンを検討して調べてみました。

結論から言うと「買ってよかった」を思う人が多い商品が、wh-1000xm3より機能面が上回る満足度のあるワイヤレスイヤホン「wf-1000xm4」でした。

スポンサーリンク

wf-1000xm4の商品スペック概要

WF-1000XM4は、iPhone用に開発されたAirPods Proのライバル視されていた前機種をリニューアルされて、満を持して発売された商品です。

機能面のウリは、なんといってもワイヤレスイヤホンなのに「ハイレゾ音質」を楽しめるLDACです。それに加えて、ノイズキャンセリング機能やBluetooth通信の安定度のアップグレード、IPX4相当の防水機能がついています。

SONYの本気度が伝わってくる商品ですね(*^^*)

型式 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット 6 mm
マグネット 高磁力ネオジウムマグネット
質量  約7.3 g x2
ヘッドホン部(その他)
電源 Li-ion
充電時間 約1.5時間
充電方法 USB充電(ケース使用)、ワイヤレス充電(ケース使用)
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間
(連続通話時間)
最大5.5時間(NCオン) / 最大6.0時間(NCオフ)
マイクロホン部
型式 MEMS
指向特性 全指向性
USBケーブル USB Type-C™ cable
Bluetooth
通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.2
出力 Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離 10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetooth
プロファイル
A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T
伝送帯域(A2DP)

20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling)
20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)

付属品
  • 充電ケース
  • イヤホン本体
  • USB-Cケーブル(約22cm)
  • イヤーチップ(3種類)
  • マニュアル

wf-1000xm4のレビュー!iphoneユーザーだから感じたメリット・デメリット


画像:Amazon

 

実際にiphoneでwf-1000xm4を使った人の口コミから見えてきたメリットとデメリットは、次の通りです。

ワイヤレスイヤホンwf-1000xm4のメリット

wf-1000xm4の口コミから見えてきたメリットには次のようなモノがあります。

  • 音質は良くなった
  • 外音取り込み時の音が自然な感じになった
  • イヤホンのフィット感が良くなった
  • 風切り音対策
  • 防滴対応

スポンサーリンク

SONY wf-1000xm4のデメリット

wf-1000xm4の口コミから見えてきたデメリットには次のようなモノがあります。

  • 耳垢がウエット体質の方には少々使い勝手が厳しい
  • 装着時間が長くなるダンダン耳が痛くなる
  • タッチ操作できるポイントが狭い

 

実際の利用者の口コミは下記から確認ができます。

→ それ以外の口コミのレビューを楽天で確認するならこちら

まとめ

SONYのワイヤレスイヤホン「wf-1000xm4」の口コミレビューを、iphoneユーザーの私の視点で気になる部分をチェックしつつ、メリット・デメリットをご紹介してきました。

wf-1000xm4は最初は、途中でワイヤレスが切れたり、音声通話では使えないなどの不具合があったようですが、2021年7月のアップデートで解消されています。

 

ワイヤレスヘッドフォンwh-1000xm3も使っていますが、wf-1000xm4が気になってきたので、なくさないようにする対策を考えた上で家電量販店で実機を見てみたいと思います。

スポンサーリンク