絵本ふたりはともだちの全文内容(和訳・英語)やあらすじ!教科書は何年生?

70年前に書かれた絵本「ふたりはともだち」は、かえるくんとがまくんの友情をユーモアと温かみを含めて描いた物語です。

5つの章で描かれた「ふたりはともだち」の最終章となる「おてがみ」は、これまで和訳版が小学2年生の国語教科書(光村図書 「こくご」二下 赤とんぼ))に、英語版が中学3年生の「NEW HORIZON3」や、中学2年生の「COLUMBUS21 2」にも収録されたほどの有名な作品なんです。

今回はそんなアーノルド・ローベル著,、三木 卓さん翻訳の作品「ふたりはともだち」にフォーカスをあてて、全文の内容を翻訳または英語で読める場所や、あらすじ。絵本の対象年齢や読書感想文の例文など盛りだくさんでご紹介していきます。

スポンサーリンク

ふたりはともだちの全文内容(和訳・英語)が読めるのはココ!


ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

長年愛されて、色んな人に愛読されてきた「ふたりはともだち」。

そんな絵本の全文を和訳、または英語で読むことができるサイトは、こちらとなります。内容が気になる場合はぜひチェックしてみて下さい。

きっと日々のストレスで逆だっていた気持ちが落ち着いて、「友達っていいなぁ〜」と感じれると思いますよ。

▼「ふたりはともだち」の全文内容を日本語(英語訳)で読むならこちら

ふたりはともだち「おてがみ」の全文

→ 【学習英語】The Letter by Arnold Lobel(日本語をクリック)

▼「ふたりはともだち」の全文内容を英語で見るならこちら

ふたりはともだち「おてがみ」の全文

→ 【学習英語】The Letter by Arnold Lobel(英語をクリック)

→ 【Youtube】ふたりはともだち全文

→ 【YouTube】本文全文付きの朗読(アーノルド・ローベルの「ふたりはともだち」:読み聞かせ)

ふたりはともだちのあらすじ紹介!

はるがきた

はるが来たのに、なかなか冬眠からめざめないがまくん。ともだちのかえるくんが、がまくんの家を訪ねます。かえるくんがはるがきたことを伝えるけれど、がまくんは5月まで寝かせてほしいと、ふとんにもぐりこんでしまいます。

そこで、かえるくんは知恵を絞って、カレンダーを5月までめくってがまくんを起こしました。

ふたりは、はるになると世の中がどんな風にみえるのかを調べにいきました。

おはなし

病気のかえるくんをがまくんを元気づけようとします。かえるくんは、がまくんにおはなしをお願いします。

がまくんは、いっしょうけんめいおはなしを考えます。家のまえをぶらぶらして、さかだちをしたりいろいろなことをしてみたけれど、ちっともおはなしを思いつけません。

かえるくんは元気になって、代わりにがまくんが寝込んでしまいました。

かえるくんは、がまくんに、さっきがまくんがおはなしを考えるためにいろいろしたことを面白おかしくはなしてきませました。

なくしたボタン

がまくんとかえるくんが遠くへでかけた帰りのことです。がまくんは、上着のボタンをひとつなくしてしまいました。そこで、ふたりはもときた道をもどって、ボタンをさがしました。

動物たちがボタンをみつけてもってきてくれました。しかし、どれもがまくんのボタンではありません。みつからないまま家に着きました。

床にがまくんのボタンがおちていました。がまくんは、みんながひろってくれたボタンを上着にぬいつけました。

その上着をかえるくんにプレゼントしました。かえるくんはとても喜びました。

すいえい

がまくんとかえるくんは、川で水泳をすることにしました。

がまくんは、水着を着ている姿がおかしなかっこうだがら、みないでほしいとかえるくんに頼みました。ふたりは、川であそびました。

一匹のかめがきました。がまくんは、かえるくんにかめへあっちへいくようにいってくれといいました。かえるくんは、かめにそういいました。

すると、その話をききつけた動物たちが、がまくんの水着姿をみようと川岸に集まってきました。

がまくんの水着姿をみて、みんな笑いました。がまくんは、自分の着物をもって家へ帰ってしまいました。

おてがみ

玄関の前で座っているがまくんに、かえるくんが声をかけました。がまくんは、いままで一度もおてがみをもらったことがありません。来ないおてがみをまつ時間が、悲しいといいまいした。

かえるくんは、家に帰りがまくんに手紙を書きました。そして、その手紙をかたつむりくんに届けてとお願いしました。

かえるくんは、がまくんの家へ戻り、おてがみが来るのをもう少しまってみようと提案しました。しかし、がまくんは、いやだといいました。かえるくんは、自分がてがみを書いたといい、内容を朗読しました。

4日後、ようやくてがみが届きました。がまくんはとても喜びました。

ふたりはともだちシリーズの順番や対象年齢はいくつ?

対象年齢

  • 読んであげるなら5歳〜 
  • 自分で読むなら小学校低学年〜

ふたりはともだちシリーズの順番

ふたりはともだち(刊行日:1972年11月

カエルとガマくんの春夏秋冬の1年間がユーモラスに描かれた作品。本作がシリーズ1作目です。

がまくんとかえるくんは、自然体でお互いを思い合っています。やさしいのか、いじわるなのか・・・?そんなふたりの友情を描いた5つのお話しです。

created by Rinker
Bunka Publishing Bureau
¥1,045 (2021/12/03 18:58:49時点 Amazon調べ-詳細)

ふたりはいっしょ(刊行日:1972年11月

がまくんとかえるくんの物語「よていひょう」「はやくめをだせ」「クッキー」「こわくないやい」「がまくんのゆめ」の5編を収録。ニューベリー賞受賞作。

created by Rinker
¥1,045 (2021/12/03 18:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

ふたりはいつも(刊行日:1977年5月

がまくんとかえるくんのユーモラスな冒険物語が5編。「そりすべり」「アイスクリーム」「クリスマス・イブ」など春夏秋冬、一年間のふたりの生活が盛りこまれています。

created by Rinker
¥1,045 (2021/12/03 19:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

ふたりはきょうも(刊行日:1980年8月

がまくんとかえるくんのシリーズ4作目。たこあげするときも、誕生日をお祝いするときも、おばけの話をするときも、いつもふたりはいっしょです。

created by Rinker
Bunka Publishing Bureau
¥1,045 (2021/12/03 19:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

ふたりはずっと(刊行日:2021年2月

created by Rinker
¥1,540 (2021/12/03 18:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

ふたりはともだちの読書感想文はどうやって書く!?例文も合わせて紹介!

カエルとガマくんの友情を描いたストーリーの「ふたりはともだち」は、教科書に掲載されていなくても夏休みや冬休みの感想文の宿題によく出されてます。そんな時にどんな風に書けばよいのか?!迷うお子さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

感想文は基本、物語を読んで自分が思ったことを書き、その後になぜそう思うのか?を書くという流れで書いていく。最後に全体を通してどう思ったのかを書く‥というのがセオリーです。

ただ、そうはいっても小学生や中学生には難しいですよね。私も学生時代、読書感想文を書く際は本のあらすじを読んで適当に書いていたことを思い出します。そこで今回は「ふたりはともだち」の感想文の例文が紹介されていたサイトをいくつかご案内させていただきますね。参考にしてみてください。

ふたりはともだちのグッズがかわいい!Tシャツやバッグなど種類が色々

アーノルド・ローベルが描いた「ふたりはともだち」は、その人気さゆえか‥数多くのグッズも実は販売されています。

グッズの種類としてはTシャツをはじめ、バッグやぬいぐるみ、クリアファイルセット、タオルなど様々な種類があります。絵本でほっこりしたあとは、家にぬいぐるみなどを置いて見るたびにほっこりするのも良いかもしれませんね。

まとめ

絵本「ふたりはともだち」の全文内容の紹介から、シリーズ概要、グッズまでご紹介してきました。いかがだったでしょうか。

私も手に取ったことがない絵本だったので、「おてがみ」以外のストーリーも気になってしまいました。ふたりはともだちは大人も楽しめる本なので、お子さんに読み聞かせると同時にご自分でも楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク