タワマン賃貸の家賃はいくら|家賃平均や住める年収を調査

四千頭身の後藤さんなど芸能人・著名人が多く住んでいるタワマンは、部屋の広さも広いところが多く、余裕のある間取りになっています。

またタワマン住むことが1つのステータスになっているところもあるので住むことを希望する人が後を立たず、新築で建設されると分譲即売されることがほとんどです。

 

あなたも一度はタワマン住んでみたい!と憧れたことがあるのではないでしょうか?

 

高層階では眺望が素晴らしく豪華な内装の素敵なタワマンですが、分譲で手に入れることは難しいとしても、もしかしたら賃貸だったら手が届くのでは‥と考えたことはありませんか?

そこでどのくらいの家賃を払えば、賃貸タワマンに住むことができるのが主要都市の家賃相場を見ながら解説していきます。ぜひ最後までチェックしてみてください。

スポンサーリンク

タワマン賃貸の家賃はいくら?安い地域はある

タワマン賃貸の家賃はいくら?安い地域はある

タワマンは高いというイメージがありますが、建てられている地域や立地、住む階数によって家賃相場は大きく変動します。

主要都市である「東京都心」「大阪」「名古屋」「福岡」の家賃相場を見ていきながら、どの程度の家賃を払えばタワマンに住めるのか?イメージしていただければと思います。

東京都内のタワマン家賃相場は100万以上?平均はいくら

東京都心のタワマンは、港区の高層階であれば月々の家賃・管理費が240万円や320万円などバブル時代を思わせるような相場価格になっています。

ただ高い家賃の分、広さも200〜300平米の物件が多く、階数も20階以上、30階以上となっています。

ゆったりとした広さと、キレイな夜景の見える眺望を手に入れるには、それなりの費用がかかるようです。

東京タワマンで家賃10万円から15万円以下がある!

見てきたように100万円以上の家賃のタワマンも多くあります。しかし実は、東京都心でも10万円から20万円前後で住むことができる物件も数多くあります。

特に一人暮らし向け物件である、1R〜1LDKであれば10万円台から20万円台前半で借りることができます。

1R 11.80万円〜17.05万円
1K 9.20万円〜14.40万円
1DK 13.80万円〜19.30万円
1LDK 16.90万円〜23.60万円
2LDK 23.90万円〜40.50万円
3LDK 25.30万円〜45.30万円

CHINTAI調べ

(引用元:エイブル

大阪のタワマン家賃相場

タワマンの家賃相場も関西・大阪になると東京都心に比べて、もっとお手頃価格になりまます。

仕事や生活の関係上、問題なければ大阪などの西日本地域に転居するのも、タワマンに住む方法の1つと言えますね。

1R 10.10万円
1K 7.40万円
1DK 9.70万円
1LDK 17.10万円
2LDK 12.30万円〜20.60万円
3LDK 15.0万円〜18.30万円

CHINTAI調べ

(引用元:エイブル

名古屋のタワマン家賃相場

名古屋市のタワマンになると、東京・大阪に比べるとニーズがないためか、物件数がかなり少なくなります。このため一人暮らし向け物件はほとんどなく、家庭向けのタワマンが一般的になっています。

下記に名古屋のタワマン家賃相場をご紹介しますが、立地場所によって家賃に大きな差があるので詳細を知りたい場合は、エイブルやCHINTAIなどタワマンを扱っている不動産屋で調べてみることをおすすめします。

1R 9.00万円
1LDK 14.80万円
2LDK 17.60万円
3LDK 32.20万円

CHINTAI調べ

(引用元:エイブル

福岡は安い地域?タワマン家賃はいくら

九州地方の福岡にあるタワマンになると、かなりお手頃価格になっています。

1R 9.00万円
1K 5.10万円
1LDK 9.40万円〜32.00万円
2LDK 16.00万円〜41.00万円
3LDK 22.00万円〜130.00万円

(引用元:HOME’S

タワーマンションに安く住む方法

タワーマンションに安く住む方法

タワマンの各地域別の「家賃相場」を見てきましたが、よりオトクにタワマンに住むためには家賃や管理費以外に、契約時の「敷金・礼金・前家賃・仲介手数料」をおさえることで、損することなく憧れのタワマンに安く住むことができます

初期費用をおさえる!礼金・仲介手数料の交渉

契約時の初期費用である「敷金・礼金・前家賃・仲介手数料」は、相場ではだいたい家賃の4〜5ヵ月分が請求されます。

この初期費用でおさえることができる、不動産会社と交渉できる可能性があるのが

  • 礼金
  • 仲介手数料

の2つです。

 

交渉する際は、礼金は「○○だったら家賃1ヶ月分払うので、ゼロもしくは1ヶ月分礼金を下げてもらえませんか?」などと家主にもメリットがあるように伝える。

また、仲介手数料の場合は同一物件を複数の不動産会社が取扱っている可能性がありますので、相見積もりを取り「他社では○○万円でしたが、下げることはできませんか?」と確認してみると意外に下げることが出来たりします。

家賃・管理費を交渉する

毎月支払う家賃や管理費は数万円は難しいですが、数千円程度であれば交渉次第で下げてもらうことができます。

交渉の際の1番のキーポイントは「自分が即入居可な状態である」と伝えることです。

不動産会社や家主も何ヶ月も借り主なしで、物件を空いた状態にしておくのは望んでいません。空き物件の状態では賃料の収入がえられないから、少しでも早く入ってくれる人の探しているので、あなたが即入居可の場合のみ交渉してみましょう。

スポンサーリンク

タワマンに住むには年収はいくら必要?

タワマンに住むには年収はいくら必要?

一般的に家賃は「収入の約4分の1」を目安にするのが良いとされています。

なぜ4分の1なのかというと、人が生きていくためには住む場所の家賃以外にも、生活費・交際費、貯蓄、交通費なども考える必要があります。こういった費用を考えた時、家賃が4分の1に収まっていれば余裕のある生活ができると考えられているためです。

 

では、この4分の1という数値をタワマンの家賃に当てはめてみると、

家賃20万円のタワマンであれば20万円×12ヵ月=240万円が1年間に必要が額になります。このため240万円÷4分の1=240万円×4=960万円となり、年収が約1,000万円近く必要な計算になります。

 

もしタワマンに住もうと考えている場合は、住みたいタワマンの家賃を調べて【公式:家賃の1年分×4】に当てはめて計算してみてください。

自分の収入が住みたいタワマンに見合っているものなのかが、分かりますので試してみてください。

 

タワマンの地域別の家賃相場、必要な収入の計算方法を解説してきました。

最後に実際にタワマンに住んでいる方が感じたメリット・デメリットをそれぞれご紹介していきます。タワマンに住もうかどうか迷われている場合の参考材料にしてみてください。

タワーマンションに住む6つのメリット

メリット

タワマンに実際に住んでいる人が感じるメリットは、次の6つです。

  1. 部屋からの眺望が魅力(高層階のみ)
  2. 高層階には虫がいない
  3. 駅チカ物件が多く周辺施設が充実している
  4. セキュリティが万全!コンシェルジュがいるところも
  5. 公共設備の充実が売り!内装も豪華
  6. いつでもゴミ出しができるのが嬉しい

 

やはりタワマンでしか味わえない「眺望」が1番のメリットに上がっています。

それ以外は「住みやすさ」「セキュリティ」「内装」という順番でメリットを感じている方が多いようです。これ以外にも冒頭にもご紹介したように「一種のステータスを持てる」という魅力もあるようです。

スポンサーリンク

タワーマンションに住む6つのデメリット

タワマンに実際に住んでいる人が感じるデメリットは、次の6つです。

  1. エレベーターが混んで移動時間がかかる
  2. 洗濯物や布団が外に干せない
  3. ベランダがない物件もある
  4. 壁が薄く生活音が響きやすい
  5. 管理費が高いところが多い
  6. 地震・災害・停電などがあると生活できない

デメリットも「生活上の利便性」が上位にきています。その後がタワマンのお金に関する問題や最近、日本でもよくある災害時の心配という順番です。

相場とデメリットを知った上で住みたい場合は要交渉!

ご紹介してきたようにタワマンに住むのにも「メリット」と「デメリット」が、それぞれあります。

メリット・デメリットを知った上で、家賃相場で自分の収入で支払うことができるか判断してタワマン賃貸を考えてみてはいかがでしょうか?

もしタワマンに住めそうな場合は、家賃交渉も忘れずに行ってみることをオススメします。

スポンサーリンク